中小消費者金融 審査甘い

中小消費者金融 審査甘い

  1. お金をできるだけ早く調達したい
  2. お金を借りる
  3. 消費者金融会社で借りる
  4. 中小消費者金融会社で借りる
  5. 債務整理中でも借りれる?

 

 

お金をできるだけ早く調達したい

すぐにでもお金が必要というときは、銀行か消費者金融会社に頼るしか方法はありません。必要なお金が少額でしたら友人知人に借りるという方法もあります。しかし、1万円あるいは2万円くらいがせいぜいでしょう。学生ならわかるのですが、社会人にもなって1万円あるいは2万円のお金がないというのも寂しい話です。

 

しかし、無いものは無いのですから、変なプライドは捨てて頼れるものなら友人知人に頼るしかないでしょう。それでも、何故友人知人からお金を借りることができるのでしょうか。ほとんど反射的に1万円程度なら貸してくれるはず、と思うのです。これが赤の他人あるいは普通の友人だったら、お金を借りようと思うことはないでしょう。昔からの親しい友人であり、親友とも言えるものですから、お金を借りようと反射的に思えるのです。それには、お互いの信頼関係があるのは間違いないでしょう。

 

性格もわかりあっているのですから、お金を貸しても必ず返してくれる、お金を貸してほしいといったら必ず貸してくれるという信頼関係が、すでにずっと前から構築されているからです。もちろん無い袖は振れませんから、あまりに高額なお金だったら友人といえども貸してくれることはないでしょう。借りるほうも貸してくれる上限というか、このくらいなら貸してくれるという確信のある金額を言うのです。

 

例えば1万円でしたら、すぐにお金を貸してくれるでしょう。これが身内となったらどうでしょうか。今度は信頼関係というよりも血のつながりというものになるでしょう。どんなに離れて居ても血のつながりというのは解消できません。ある意味貸すというよりも渡すといったことになるかもしれません。それでも見返りを求めないのが血のつながりというものですから、貸すよりも渡すということになるのです。

 

また、友人知人や身内を頼らない場合は自分で必要なお金を調達するしかありません。1万円程度でしたら、昼のメインの仕事の他に夜の日払いのバイトをすればなんとかなるでしょう。ひょっとしたら一晩で1万円を稼ぐことができるかもしれません。やるとしたらガテン系の仕事になってしまうので体力勝負となるのですが、ずっと働くわけではなく一晩ということでしたら、若さにものを言わせてがんばればなんとかなるでしょう。すでに中高年といった場合では、体力的に不安があるのでやめておいたほうがいいかもしれません。

 

必要なお金が1万円程度でしたら、クレジットカードのキャッシングを利用する方法もあります。というよりもこれが一番手っ取り早いといっていいでしょう。クレジットカードでしたら持っていないほうが珍しいくらいです。もっとも気をつけなくてはいけないのがクレジットカードのキャッシングはすぐに金利手数料がかかってしまいます。中には、ショッピングと混同してショッピングの翌月一括払いは金利手数料がかからないので、キャッシングをしても翌月払いにしたら金利手数料がかからないと思っている人も少なくないのです。

 

キャッシングの場合、たとえ翌月一括払いにしても金利手数料は、キャッシングした翌日から発生します。締め日まで計算し、翌月の支払日には金利手数料を含めた額が銀行口座から引き落とされるのです。クレジットカード会社のクレジットカードキャッシングの金利はかなり高めです。

 

それに金利が計算されて返済利息となるのですから、クレジットカードのキャッシングに対する返済はかなりの高金利の手数料となってしまうので注意が必要ですし、クレジットカードのキャッシングをするくらいなら、やはり身内あるいは友人知人に頭を下げてお金を借りたほうがいいでしょう。

 

必要なお金が1万店程度の少額でしたら、家にある不要品を片っ端から買取り業者に買取ってもらうことで、1万円くらいは集めることはできるでしょう。しかし、1万円も不要品で用意するとなるとかなりの数を売りさばくことになります。メリットがあるとしたら、不要品を処分できたことでしょう。不要品で使わないものばかりですから、綺麗に無くなるとさっぱりするものです。それでいて、1万円を獲得できたのですから、借りる側にとってはメリット以外の何者でもないといえます。

 

このようにお金が必要という場合でしたら、買取りしてもらうことでなんとかなるものですが、家にある不要品を買取りしてもらうというのも一度使えば二度と使えないでしょう。不要品ですから値段の付かないものもたくさん合ったと思います。値がついても数十円とか数百円程度でしょう。自分にとって不要品ですから、それは誰にとっても不要品であり、本来値が付かないのに買取り業者の行為で値が付いた面もあるからです。

 

こういった買取り方法は、一度使えば二度と使えないと考えたほうがいいです。次に買取りをしてもらうときは、使っているものまで買取りしてもらわないといけなくなるでしょう。たとえば使っているテレビの買取りが5千円とすると、目標の1万円をテレビ一つで半分をまかなうことになるのです。それにパソコンまで買取りしてもらったら余裕で1万円に到達することでしょう。それでなんとか必要なお金を確保できたとしても、それが終わると手元にテレビもパソコンもありません。

 

必要な家電製品でありIT機器ですから、買い直さなくてはいけないでしょう。テレビが5千円で買えることはなく、買取りしてもらったテレビと同等品でしたら、5万円はくだらないはずです。パソコンも前と同等かそれ以上の性能のパソコンが欲しくなることでしょう。そうなると、これも買取りしてもらった金額の5倍から10倍のお金が必要となるのです。もっとも必要なものですから、買ってしまうことになるでしょう。結局買い戻すなら売るなよということですがそうできないところに、お金を調達する難しさがあるということですね。

 

 

 

お金を借りる

少額でしたら、何とか自分の力で工面することができるでしょう。しかし、それが5万円とか10万円となると、自分の力だけではどうしようもないことになります。そのときは、やはり銀行かあるいは消費者金融会社に頼るしかないでしょう。

 

頼るとしたらまずは銀行カードローンということになるでしょうか。それはまずは金利が低いこと、それと消費者金融会社で借りるには世間体が気になることです。世間体と言っても、消費者金融会社で借りることがバレることはそれほどないかもしれません。しかし、100%確実にバレないということもないので、そういったリスクを考えると消費者金融会社から借りていることは絶対に伏せたいという人でしたら、まずは銀行カードローンからお金を借りたほうがいいでしょう。

 

銀行からお金を融資してもらうにしても、まずは審査に通らなければいけません。銀行カードローンの審査は厳しくて属性の低い人でしたら、審査に通らないかもしれません。属性の高低というのは、正規雇用の人あるいは非正規雇用の人で明確に分かれます。当然正規雇用で働いている人のほうが属性は高く、お金も借りやすいです。いっぽうで非正規雇用の人は属性が低いので、融資を受けにくいです。もっとも、高額融資を望まず、限度額を低く設定すれば審査に通る可能性もあります。

 

属性というのは返済能力や信用度の指標なのですが、こういった信用情報は雇用形態だけではなく、さまざまな項目から成り立ちます。その中でも雇用形態は大きなウエイトを占めているということなのです。それは単に収入が多い少ないというよりも、その雇用が将来にわたって保証されているのかということが、銀行にとっては大きな意味を持っているということですね。

 

また、銀行カードローンの審査に通りやすい正規雇用の人ですが、債務が複数になると、途端に銀行カードローンの融資を受けにくくなります。債務が増えるほどに属性が低くなっていくからです。また、延滞履歴があるといった場合も審査に通らなくなるでしょう。銀行からお金を借りることができない、しかしお金は必要だということでしたら、消費者金融会社のカードローンに頼るしかありません。

 

消費者金融会社のカードローンは、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社しかカードローンを扱っていません。あるいは、一部の中小消費者金融会社でカードローンを扱っているくらいです。それと複数の債務があるようでしたら、できるだけ早い内に一つでも債務を完済するか、あるいはおまとめローンで債務を一本化するようにしましょう。そうすることで、多重債務から債務整理に陥ることを防ぐことができます。

 

 

 

消費者金融会社で借りる

銀行カードローンの審査に落ちた場合の受け皿として、消費者金融会社のカードローンあるいは通常ローンがあるといっていいでしょう。銀行カードローンの審査よりも消費者金融会社の審査のほうが緩いので、消費者金融会社のローンのほうが審査に通りやすいのです。

 

しかし、通りやすいからといって、いくらでも消費者金融会社からお金を借りることができるわけではありません。総量規制という法律があり、これは消費者金融会社に限ってということになるのですが、収入の3分の1までしか、借りることができないのです。ですから、300万円の収入があれば100万円まで借りることができるということになります。

 

もっとも、このとき100万円しか借りれないのかと思うのか、100万円も借りることができるということで、どちらを思うかでその人が借金癖があるのかどうかがわかります。それまでに、銀行からたくさんのお金を借りていて、銀行から借りることができずに消費者金融会社からお金を借りようとすると思います。そのときにお金をかりすぎてしまって、総量規制にかかってしまうとそれ以上借りることができなくなるのです。

 

消費者金融会社からお金を借りて返済に充てようとしている人でしたら、その時点でアウトと考えていいでしょう。

 

 

 

中小消費者金融会社で借りる

消費者金融会社にはその業容から、大手消費者金融会社、中小消費者金融会社、街金といった大きく3つの消費者金融会社に別れます。

 

といっても大手消費者金融会社は、アコムやプロミスといった消費者金融会社になるのですが、10社にも満たないのです。消費者金融会社は全国に2,000社近くあるとされているのですが、そのほとんどが中小消費者金融会社、あるいは街金ということになるのです。

 

中小消費者金融会社は総じて審査が緩いです。大手消費者金融会社よりも審査を厳しくしたら、誰も借りようとは思わないでしょう。審査が甘いのが中小消費者金融会社の特徴といってもいいのです。

 

 

 

債務整理中でも借りれる?

中小消費者金融会社は、審査が甘いことで有名な中小消費者金融会社もたくさんあります。そういったところは審査も信用情報機関を通さずに、独自審査を行っているところが多いです。

 

債務整理をしていることを不問にして現在の属性のみで審査を行うのが独自審査です。主な審査は電話による在籍確認と、収入証明書の提出です。これらに問題なければ審査に通り、融資を受けることができます。かなりスピーディですし、これが中小消費者金融会社の大きなメリットと言えるでしょう。

 

しかし、債務整理中のブラックでも必ずお金を借りることができるとうわけではありません。それでも、審査が甘くて借りやすいのが中小消費者金融会社のローンの大きなメリットであるのは間違いないのです。