総量規制対象外 キャッシングローン ここなら 借りれる

総量規制対象外のキャッシングローン〜ここなら借りれる!?

  1. 銀行カードローンなら総量規制対象外
  2. 消費者金融の借り換えローンとまとめローンは総量規制対象外
  3. 総量規制対象外の銀行カードローン オリックス銀行カードローンがオススメな理由
  4. 総量規制対象外のキャッシングができる専業主婦とは?
  5. 総量規制対象外のフリーローンとは?

 

 

銀行カードローンなら総量規制対象外

キャッシングやカードローンの話題では、総量規制の言葉が出てきます。
総量規制以上は借りれないとか、総量規制範囲内の借入しかできないというものです。
ところで、この総量規制とは何のことでしょう?

 

総量規制とは?

貸金業法のキャッシングに関する利用限度額のことです。
貸金業法とは、消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠の限度額です。
総量規制の額は、年収3分の一以内です。300万円の年収なら100万円が総量規制です。
銀行カードローン、カーローン、教育ローンなどは、総量規制は関係ないです。

 

消費者金融の限度額は、多重債務でも合算されることになります。
借金の貸し借りはすべて個人信用情報機関に記録するのですが、貸金業法内での記録では、総量規制範囲内での借入しかできないと言うことになります。ですから、銀行カードローンのキャッシングは総量規制対象外であり、消費者金融の限度額には含まれないです。

 

 

総量規制対象外のキャッシングなら

それなら、最初から銀行カードローンに申し込みをしたらよいでしょう。
消費者金融で総量規制になってしまったら、銀行カードローンに鞍替えしたら良いこと。

 

しかし、大手消費者金融カードローンなどで借入がおおいと、銀行カードローンの審査が通らない場合が多いです。
総量規制範囲内ではないけれど、多重債務者、借入金が多い銀行カードローンの申し込みでは、新たなキャッシングができない場合が多いです。限度額が大きいとされる銀行カードローンですが、消費者金融の借金が大きい場合の審査では借入ができないと思ったほうが良いでしょう。

 

多く借りたいと感じたら

キャッシングの最初で銀行カードローンの選択をすることです。消費者金融系カードローンでは、総量規制で決まってしまいます。
それなら、消費者金融には行かず、銀行カードローンの選択をすることで、とりあえず総量規制以上の限度額のキャッシングができます。

 

専業主婦は、無職ですが銀行カードローンの借入ができますが、消費者金融の申し込みすらできないです。
総量規制の関係から年収が0円ですから、当然の対応です(配偶者貸付は例外)。
銀行カードローンの総量規制対象外のカードローン、キャッシングしかできないです。
銀行カードローンの審査は多少厳しさはありますが、貸付金利も低くいです。
即日融資はできないのですが、返済負担を考えると、銀行カードローンの方がお得になります。

 

そして、銀行カードローン審査通過であれば、あとで消費者金融の審査も通らないことはないです。
これは、審査基準が消費者金融の方が甘く、銀行カードローンの借入以外での総量規制範囲内の限度額が設定されることもあります。総量規制を意識をするのなら、まずは銀行カードローンの申し込みがベストです。

 

 

 

消費者金融の借り換えローンとまとめローンは総量規制対象外

総量規制適用の消費者金融ですが、総量規制対象外の商品もあります。
カードローンで新規キャッシングではなく、既に借入をしている方限定の金融商品です。

 

借り換えローン

借り換えローンとは、今持っている債務を借り換えの形で契約をする商品です。
例えば、B消費者金融の金額をA消費者金融の借り換えローンに申し込みする。
この時に借り換えをしなければならない債務があることが条件です。

 

この借り換えローンのメリットは、金利が低くなることで、返済負担を小さくすることができることです。
上記で言うと、A消費者金融の方が金利が低いとお得になることで、借り換えローンにするということです。

 

この場合、B消費者金融の債務が総量規制以上だとしても、借り換えローンの審査対象になります。
ちなみに、A消費者金融での新規のキャッシング申し込みは受けられないことは当然です。

 

 

まとめローン

借り換えローンと似ていますが、借り換えローンは1社に対して、1社の借り換えローン。
まとめローンは、多重債務者が1社のまとめローンに借り換えをするイメージです。
まとめローンも借り換えローンと同様で、低金利の商品が目的です。

 

それだけではなく、返済日が違っていたり、個人信用情報機関での多重債務の記録を完済し、1つのまとめローンにできることで、信用情報的にもメリットは大きいです。銀行系カードローンでもまとめローンはありますが、消費者金融系カードローンの融資では、あくまでも総量規制範囲内でのまとめローンが対象です。

 

ですから、多重債務の中に銀行カードローンの債務がある場合は、対象外になります。
そして、この消費者金融のまとめローンは、総量規制対象外の商品であり、返済負担が小さくなる低金利のものが多いです。

 

借入金額が多くなる

多重債務で総量規制以上の借入をする場合、借入額が大きくなります。
キャッシングでは、借入金額が大きくなるほど低金利になる仕組みになっています。

 

3社で200万円で平均17.5%の金利の多重債務。
まとめローンでは1社で200万円なら15%以下の金利似なる場合もあります。
金利差で5.5%、200万円の5.5%というのは11万円の差が出ることになります。

 

まとめローンのメリットは、この部分であり、しかも総量規制対象外。
消費者金融にも例外貸付として、まとめローンの取扱をしているところはあります。

 

問題は審査

新規キャッシングと違い、借り換えローン、まとめローンの審査は厳しいです。それは、既に多重債務者や債務者があること。
信用情報的には、ブラックに至っていないことが最低条件ですが、絶対に完済ができるだけの高い返済能力が必要です。

 

新規のキャッシング以上の返済能力が求められることから、簡単に借り換えローン、まとめローンができると思わない方が良いかもしれません。しかも、総量規制以上の債務となると消費者金融としては、大丈夫?と不安がられるのは当然の対応です。

 

しかし、一度も延滞遅滞をしていない、勤続年数が長く安定した収入がある場合、挑戦してみる価値は大きいです。
金利差が大きいのが、借り換えローンやまとめローンのメリットですから。

 

 

 

総量規制対象外の銀行カードローン オリックス銀行カードローンがオススメな理由

銀行カードローンの借入は基本的に総量規制対象外となっています。
しかし、最近は自主規制により、以前ほど高い限度額が望めないとの口コミが多いです。

 

融資の対象となるのは、申込者の年収や職種です。
ここのところ、銀行カードローンで限度額が低くなりつつあるというのですが、それども消費者金融よりは借りれる総量規制対象外のカードローンです。

 

オリックス銀行カードローンは高額借入が健在?

オリックス銀行カードローンは、もともと銀行カードローンとしては、高い金利で限度額が大きな金融商品です。
はっきり言って、大手消費者金融並の金利では、わざわざ厳しい審査をしてまで、銀行カードローンの価値はないとも言われていました。ただ、高額な限度額がほしいのなら、他の銀行カードローンの低金利カードローンが魅力です。

 

しかし、自主規制が始まった現在は、高金利だけど相変わらず総量規制対象外の高額なキャッシングができる銀行カードローンとして注目されています。

 

 

銀行カードローンとしての評価は低かった

銀行カードローン利用者の多くは、消費者金融よりも低金利の部分が魅力です。
また、毎月の返済額も低め設定の銀行カードローンなども人気です。ところが、オリックス銀行カードローンは、銀行系カードローンの中でも、金利が高いだけではなく、毎月の返済設定金額も高めです。

 

オリックス銀行カードローンユーザー

もともとオリックス銀行カードローンの利用者は高額キャッシング目的の方が多いです。
それで、最低返済額や高い金利設定などは無関係の方の利用者が目立ちます。特に限度額の自主規制がある今では、個人信用情報機関で問題はなく、最初から総量規制対象外で高額なキャッシングをしたい方には絶対にオススメです。

 

100万円以上の借入なら金利設定は、他の銀行カードローンとは変わらないです。
オリックス銀行カードローンの限度額は800万円であり、今の申し込みでも信用情報で問題がないと、他の銀行カードローンとは比較ならないほどの限度額になると言います。審査は当然厳しい内容ですが、最初から年収3分の一以上というだけではなく、多くキャッシングをしたい方。ローンカードはオリックス銀行カードローンが良いでしょう。三井住友銀行カードローン、三菱UFJカードローンと比較をしても、借入限度額は高い設定になっています。

 

そして、できれば、少しずつ借りるのなら返済金利は高いですが、大きな金額のキャッシングをしたいのなら、オリックス銀行カードローンが使い出があります。総量規制対象外と言っても、上限金利が高いオリックス銀行カードローンは比較サイトでもなかなか敬遠されます。しかし、銀行カードローンの限度額の自主規制が始まった現在は、オリックス銀行カードローンに注目が集まっています。

 

 

 

総量規制対象外のキャッシングができる専業主婦とは?

総量規制は申込者の年収をもとに限度額を決める制度です。
貸金業法の消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠では、年収の3分の一以内の限度額設定が決まっています。
ですから、年収が少ない場合は限度額も少ない。そして、無職の場合は、年収が0円申告ですから、借入ができないです。

 

総量規制対象外なら借りれる

それが、貸金業法ではない銀行カードローンの審査です。
銀行カードローンでは貸金業法ではなく、銀行法の審査です。
保証会社が別にあり、審査が決まるのですが、銀行法には総量規制はありません。

 

限度額に関しては、それぞれの銀行で決定されることになります。無職の場合は、さすがに借入ができないです。
職業なしで収入なしでは、銀行法でも対応できないですが、専業主婦だけは借りれることがあります。

 

 

専業主婦契約の銀行カードローン

現在、多くの銀行カードローンでは収入0円の専業主婦は、低い限度額で借入ができます。
まさに総量規制対象外のキャッシングができます。問題になるのは、本人の信用情報のみです。

 

一応配偶者に収入がある方限定ですが、収入証明書の提出もないです。
婚姻証明も必要ないので、専業主婦は信用情報で問題がないと、最高50万円程度の借入ができます。
銀行カードローンだけの措置であり、消費者金融では専業主婦契約の借入はできないです。

 

配偶者貸付の場合

ただし、大手消費者金融以外の中小消費者金融や街金と言われる貸金業者では、配偶者貸付の形で専業主婦もキャッシングができる場合があります。こちらは、配偶者の総量規制範囲内が条件であり、総量規制対象外は専業主婦の枠だけです。
配偶者の残っている総量規制範囲内のキャッシングになりますから、同意書と婚姻関係の証明書、配偶者の収入証明書なども必要になります。配偶者の個人信用情報機関の内容も審査対象になります。

 

厳密には総量規制は大きく関係しますが、お金を借りたい専業主婦の総量規制は無関係と言うことになります。
実は配偶者貸付は、夫婦の収入を合わせて、2人が共通の総量規制範囲内のキャッシングということになります。
ですから、専業主婦も少しだけ収入がある場合は、総量規制の範囲が広がることがあります。

 

銀行系カードローン審査落ちの専業主婦へ

中小消費者金融の配偶者貸付のキャッシングは、総量規制対象外の銀行カードローンの審査に通らない方向けの商品です。
配偶者がキャッシングをしていたり、金融事故がある場合は借入ができないです。
収入がない専業主婦だけの特権とされていますが、審査上では、多くの限度額の設定はしないです。

 

返すのは本人ではなく、原則配偶者の収入からと言うことになります。
単なる無職では総量規制もないのですが、専業主婦だけはキャッシングができる機会があります。

 

 

 

総量規制対象外のフリーローンとは?

最初から総量規制対象外の借入をしたいのなら、銀行融資の目的ローン、フリーローンなどになります。
目的ローンとは、借入目的が決まっている住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなどですが、フリーローンは原則使用目的が自由です。年収と信用情報を保証会社で審査をして、審査通過で一度に限度額が借入できる内容です。

 

返済専用のローン

フリーローンは、ローンカードがありキャッシングとは違います。一度借りたとして、あとは返済のみです。
追加の借入もできないですから、追加融資であれば、新たに借入をすることが必要です。

 

フリーローンの特徴としては、銀行系では総量規制対象外ですが、一応審査は厳しい内容が多いです。
既に大手消費者金融カードローンを利用していたり、銀行カードローンで借入ができないから、フリーローンの申込では、審査通過はないでしょう。

 

 

中小消費者金融にもフリーローンってあるけれど

中小消費者金融のフリーローンは、銀行系フリーローンとは少し違います。
中小消費者金融の借り方としては、カードローンのように限度額が設定されるものではなく、申し込みに対して借りれるというものです。ですから、中小消費者金融のフリーローンも一度借りたら返済専用のキャッシングであり、銀行系フリーローンと内容は同じです。

 

ただ、限度額が総量規制対象内であり、自身の年収3分の一以上の借入ができないです。
中小消費者金融のフリーローンとは大手消費者金融などの限度額があるカードローンに対しての言葉です。

 

まとめローンについて

中小消費者金融は貸金業法の借入ですから、原則は総量規制のキャッシングです。
ただし、大手消費者金融同様にまとめローンも存在しています。

 

高金利の中小消費者金融ですが、まとまった金額になれば貸金業法の規則によって、低金利のキャッシングができます。
大手消費者金融よりも審査が甘いので、多重債務者で総量規制以上のまとめローンの可能性を中小消費者金融に求めることもできます。金額が多いほど低金利になるはずですが、大手消費者金融寄りは高い金利になってしまうことは多いです。

 

また、いたずらに返済期間を伸ばす中小消費者金融もあり、まとめローンは簡単に契約ができたと喜んでいると、総返済額がとても多い場合もあります。ただ、中小消費者金融のまとめローンでは、途中返済も繰り上げ返済大歓迎のところもあります。
親身になって融資相談、返済計画を練ってくれる中小消費者金融もありますので、総量規制以上のまとめローンの借入を本気で考えている方には、オススメの場合もあります。しかし、総量規制以上の借入をしている、これからの返済が正直言ってできないのであれば、無理してまとめローンではなく、債務整理の道も検討してください。