ここ 借りれる

ここなら借りれる

  1. どこで借りる?
  2. 返済が苦しいときはどうする?
  3. なんとかしてお金を借りたい
  4. どこで借りる?
  5. どこでもいいから借りる

 

 

どこで借りる?

お金を借りるなら、まず最初に浮かぶのが、
銀行カードローンでしょう。

 

カードローンですから、借入れになります。

 

ということは融資の、
申し込みをしなくてはいけないのですが、
これには、当然のように審査が必要になります。

 

この審査が厄介で、銀行の審査は、
特に審査基準が厳しいのです。

 

審査に通れば、お金を借りることができるのですが、
属性が低いと、審査に通ることができません。

 

銀行の場合はこれが厳しくて、
正社員でなければ、恐らく審査に通ることはないでしょう。

 

パートアルバイトの場合は、
かなり、ハードルが高くなると思います。

 

会社員でも、安穏とはしていられなくて、
他社借入れがある場合でしたら、
銀行カードローンの審査に通ることは、難しいといえるでしょう。

 

そうすると、どこで借りたらいいのかというと、
それは、消費者金融会社のカードローンか、
通常のローンとなるのです。

 

消費者金融会社は、貸金業者として銀行と比べて、
お金を貸すことに特化した、金融業者です。

 

ブラックの人でも貸してくれるというのは、
なかなか難しいかもしれませんが、
不可能というわけでも、ないのです。

 

一言で、消費者金融会社といってもかなりの幅があります。

 

どうしてもキャッシングしたいのでしたら、
身の丈にあった、消費者金融会社を選択することとなるでしょう。

 

消費者金融会社でしたら、
いくらでもお金を借りることが、できるというわけではありません。

 

消費者金融会社のカードローンには、
総量規制という規制があり、年収の3分の1までしか、
消費者金融会社では、お金を借りることができないのです。

 

年収が300万円の人でしたら、消費者金融会社全体で、
100万円までしか、借りることができないということですね。

 

これは実質、専業主婦でしたら、
お金を消費者金融会社で、
借りることができないということになるのです。

 

そうなると、気をつけたいのが闇金です。

 

もともと、非合法の貸金業者ですから、
総量規制なども関係なく、お金を貸してくれるのです。

 

金利も当然ですが、利息制限法に定められて、
上限金利を守ることもないので、
法外な金利で、融資をしてくるのです。

 

借りる側も、どこも貸してくれないと思えば、
ヤミ金に頼らざるをえなくなることもあります。

 

ですが、ヤミ金からは、
絶対に、お金を借りないようにしなくてはいけません。

 

消費者金融会社で、お金を借りるということは、
銀行からお金を借りることが、できないという人たちが多いです。

 

そのため属性が低く、
中には多重債務となっている人もいることでしょう。

 

そうなると毎月の返済が厳しくなるので、
延滞などをしてしまうと、さらに属性が低くなってしまいます。

 

お金を借りるとわかるのですが、支払期日に返済ができず、
後日なんとか返済したとしても、延滞や滞納といった事実は、
信用情報機関に記録されます。

 

そうすると、信用情報機関に加盟している銀行や、
消費者金融会社といった金融機関や、貸金業者などは、
簡単にそういった情報を照会できるのです。

 

ですから、延滞した金融機関や、貸金業者だけではなく、
全体に広まってしまうということですね。

 

厳密には、新規申し込みや更新などで、
審査が必要なときくらいしか、照会されることはないのですが、
延滞情報などは、審査落ちの大きな理由となってしまうのです。

 

ですから、誰もが返済には気をつけて、
延滞しないようにしているのです。

 

そして、延滞しないように、それでいて、
返済ができないとなると、他の貸金業者から、
お金を借りて、返済に充てているということですね。

 

 

 

返済が苦しいときはどうする?

どうしても返済できない…
困ったというときも、あるでしょう。

 

多くの人は、多重債務などで、
あちこちの返済に追われることでしょう。

 

その場合に、頼りになるのがおまとめローンです。

 

すでに、消費者金融会社で借りまくって、総量規制に引っかかり、
これ以上借りることができないという人も多いでしょう。

 

ましてや、おまとめローンは現在の債務の、
合計分を借りなくてはいけないので、到底無理だと誰もが考えるのです。

 

しかし、債務をひとまとめにするのですから、
銀行のおまとめローンを、利用してもいいかもしれません。

 

そもそも、目的型のローンでは、
消費者金融会社でも、総量規制対象外となるのです。

 

ですから、消費者金融会社のおまとめローンでも、
めいっぱい借りる事ができます。

 

もっとも、おまとめローンの額が、数百万円という高額になる場合は、
審査も厳しくなるので、それなりの属性が必要になってくるのです。

 

それでも、他社借入れが多くなって、
多重債務者となる前に、できるだけ、
債務の一本化を、しておきたいものです。

 

複数の他社借入れは、2社3社程度なのですが、
多重債務者のというのは、4社以上の借入れから、
そう呼ばれることが多いです。

 

銀行でしたら、3社で多重債務者となるでしょう。

 

金融業者によって、考え方などが変わってくるので、
債務の返済のために、新しく借入れをするくらいでしたら、
おまとめローンを、利用するようにしたいものです。

 

消費者金融会社には、アコムやプロミス、アイフルにレイクといった、
大手消費者金融会社があります。

 

しかし、消費者金融会社の全体の数の中では、
大手というのはほんの数社です。

 

他の大多数の消費者金融会社は、中小消費者金融会社あるいは、
さらに小規模な、街金と呼ばれる消費者金融会社です。

 

大手消費者金融会社は銀行ほどではないのですが、
それでも消費者金融会社の中では、
審査基準が高いです。

 

ですから、おまとめローンの性質上、
誰でも借入れができると考えがちですが、そうではありません。

 

普通に審査が行われるので、
すでに、滞納や延滞をしている状態でしたら、
審査に通ることはできないでしょう。

 

こういったこともあるので、返済に対して、
滞納や延滞には、気をつけなければいけないのです。

 

融資を受ける際に、契約書を取り交わしているので、
延滞というのは、立派な契約不履行ということになるのです。

 

こういった点に、十分気をつけたほうがいいです。

 

属性が低くなると、大手消費者金融会社で、
お金を借りることは難しくなるでしょう。

 

おまとめローンでしたら、
中小消費者金融会社でも、取り扱っているところもあります。

 

それほど多額の融資はできないようですが、
それでも200万円あるいは、
300万円程度の借入れはできるところもあります。

 

それで借換えができるようでしたら、
おまとめローンとして、利用する価値もあるでしょう。

 

中小消費者金融会社は、大手消費者金融会社よりも、
審査基準が緩めなので、融資の申し込みに対して、
審査に通る可能性が高くなります。

 

もっとも、審査基準が緩いということはそれだけ、
金利も上がっていくので、その点にはきをつけましょう。

 

同じお金を借りるのでも、大手消費者金融会社よりも、
中小消費者金融会社で、借りるほうが金利が高くなるので、
利息も、当然多く支払わなければいけません。

 

同じ価値のお金ですから、どこで借りても変わりはありません。

 

ですから、男性でも女性でも誰もが、
少しでも金利の低いところで、お金を借りようと思っているのです。

 

すでに金融ブラックになっている人は、
どこからもお金を借りることができないのかというと、そうでもありません。

 

ネットなどの口コミを見たら、
ブラックでも借りることができたということですから、
そのような情報を参考にして、貸してくれるところを探すようにしましょう。

 

 

 

なんとかしてお金を借りたい

新規で、お金を貸してくれるところを探しても、
新たに融資の申し込みをして、審査を受けなければいけません。

 

属性が低いと、審査に通るのは難しいでしょう。

 

その場合は、
すでに借りて返済しているローンの、増枠申請をしましょう。

 

カードローンなどは、利用限度額が設定されているので、
その利用限度額の枠を、増やしてもらうのです。

 

借りに50万円の増枠申請をするということは、
他の貸金業者に、50万円の融資の申し込みをするのと一緒です。

 

そうなるとまた新たに、月々の返済が増えてしまいます。

 

一方で追加融資の場合は月々の返済はそのままで、
返済期間を延ばすことができるので、
月々の返済額は、変わらないという利点があるのです。

 

もっともその増枠申請にも審査が必要ですから、
それに通らなければいけません。

 

そして、新規の申し込みよりも審査が甘くなる場合もあるので、
新規申し込みよりも、追加融資の申請をしてみるのも一つの方法です。

 

新規でお金を借りたい場合でしたら、前述していますが、
まずは、おまとめローンを利用できないかを模索しましょう。

 

それができない場合は、
ローンの増枠申請を申し込むのです。

 

この二つの対処が、最優先事項となります。

 

 

 

どこで借りる?

お金を借りることを考えたら、
銀行がすぐに思い浮かびます。

 

どこも貸してくれないと頭を抱えている人でしたら、
中小消費者金融会社、あるいは、
街金で借りることを模索したほうがいいでしょう。

 

特にブラックになっている人でしたら、
あるいは、どこからも借りることができないかもしれません。

 

こうなると、大手消費者金融会社の審査に通ることはないでしょう。

 

一方で、中小消費者金融会社の一部や、
街金からは、お金を借りることができるかもしれません。

 

それはどうしてかというと、ブラックかどうかという判断は、
信用情報機関に記録されている情報を、
照会することでわかるのです。

 

そして、貸金業者の全てが、
信用情報機関に加盟しているわけではないのです。

 

銀行やクレジットカード会社、
大手消費者金融会社の全ては、信用情報機関に加盟しています。

 

しかし、中小消費者金融会社では一部、
街金ではそういった情報がないので、
街金が、信用情報機関に加盟している可能性は低いです。

 

それではそういったところは、
どうやって審査をしているのかというと、独自審査になります。

 

信用情報機関に加盟していないのですから、
自社審査するしかありません。

 

そうなると、ブラックというのもわかりませんから、
現在の申込者の属性のみで、審査をすることなります。

 

そのため、電話で在籍確認が取れること、
収入証明書の提出があること、これで審査を受けることができます。

 

最も、口コミなどの情報を見てみると、
これらをクリアしたらほぼ審査に通るという、
中小消費者金融会社の情報もあります。

 

実際に体験して融資を勝ち取った人の声ですから、
そういった情報から、融資の申し込みをしたらいいでしょう。

 

 

 

どこでもいいから借りる

どこでもいから借りるといっても、
ヤミ金以外で、ということです。

 

大手消費者金融会社の、
カードローンの審査に通らなかったからといって、
どこからも借りることができないと、考えなくてもいいでしょう。

 

中小消費者金融会社でも、
審査に落ちたということでも、街金があります。

 

ここで審査に落ちるということになれば、無職しか理由は考えられません。
街金などは、働いていることを重視します。

 

というよりも、そこが審査基準となるので、
しっかりと働いていなければ、
融資を受けることはできないと、考えたほうがいいでしょう。

 

街金で借りると、融資金額にもよりますが、
金利は上限金利の20%似設定される場合が多く、
返済利息も、かさんでくるでしょう。

 

それでもヤミ金から借りるよりは、
比較にならないほど返済利息は少ないですから、
なんとかして、街金で借りるようにしましょう。

 

それもできなければ、個人間融資しかなくなるのですが、
最近では、業者の介在が多くなっているようです。

 

普通の街金だったらいいのですが、
ヤミ金も多く介在しているということですから、
そのあたりに、見極めがとても大切になります。